電池内蔵型探索用ゾンデ

管内に挿入する発信機です。ゾンデ(発信機)からの信号を地上の受信機で受信して
埋設物の位置を検出します。最大15mまでの深度まで測定が可能です。

寸法:64mm × 318mm

型番:10/SONDE-SUPER-33

配管探索用ロッド

探索用の信号を送信できるロッドです。電線管・樹脂管・下水管の探索が行えます。
ロッドの先端に探索用ゾンデを接続し深い部分の配管位置も探索できます。事故点の探索も可能。

ロッドの長さ:50mおよび80mモデル

型番:10/TRACE50-XX および 10/TRACE80-XX

送信用CDクランプ

RD送信機の本体に接続して、目的のケーブル等に挟んでCD信号を送信するために使用します。

型番:10/TX-CD-CLAMP

非接触CD信号受信用クランプ

ケーブルや配管の途中から非接触でCD信号を受信します。複数のケーブルや配管が埋設されている箇所で威力を発揮します。

型番:10/RX-CD-CLAMP

スマートフォンホルダー

アプリとRD本体を連動させてGPSの記録を行う際にスマートフォンを本体上部に固定させることができます。

型番:10/RX-PHONE-HOLD-KIT

障害点検知用A型フレーム

ケーブルの被覆が破れた箇所や断線箇所及び地絡箇所をピンポイント検出できる探索
用プロープです。

型番:10/RX-AFRAME

Aフレームは、受信機本体を横付けにして取り付け、

左図のように持って使用します。

画面上には、DBと上矢印と下矢印が表示されます。

DBの値が大きくなればなるほど、障害点に近づいていることを表します。

ケーブルに対して平行に持ち、矢印が上方向を示した際は、前に障害点があり、下方向を示した際には、後ろに障害点があります。

上矢印と下矢印が同時に表示された場合、そこが障害点箇所となります。

水中アンテナ

水中のケーブルやパイプの位置を特定するために使用されます。10メートルまたは 50 メートル のケーブル付属(ご要望に応じて最大 100 メートル の長さで注文することもできます)

型番:10/RX-SUBANTENNA-640 または 10/RX-SUBANTENNA-8K

水深100mまで対応する、防水アンテナとなります。アンテナには電池不要。

ステットスコープ(ケーブル識別プロープ)

ケーブル本体に接触して、目的線をを確認するアクセサリー。ケーブルが混雑している場所や、受信機本体が持ち込めない狭い場所で有効。

型番:10/RX-STETHOSCOPE-HG

ステットスコープ(大)を使用した際の受信機反応

ステットスコープ(小)を使用した際の受信機反応

フライトハードケース(受信機と送信機用)

混載時の運版にも安心な専用のハードケースです。

型番:10/RD7K8KCASE